糸数アブチラガマ

糸数アブチラガマ

あぶちらがま動画

糸数アブチラガマは、沖縄本島南部の南城市玉城字糸数にある自然洞窟(ガマ)です。沖縄戦時、もともとは糸数集落の避難指定壕でしたが、日本軍の陣地壕や倉庫として使用され、戦場が南下するにつれて南風原陸軍病院の分室となりました。
軍医、看護婦、ひめゆり学徒隊が配属され、全長270mのガマ内は600人以上の負傷兵で埋め尽くされました。
昭和20年(1945年)5月25日の南部搬退命令により病院が搬退したあとは、糸数の住民と生き残り負傷兵、日本兵の雑居状態となりました。

その後、米軍の攻撃に遭いながらも生き残り、8月22日の米軍の投降勧告に従って、住民と負傷兵はガマを出ました。


「アブチラガマ」とは

  • 「アブ」

    深い縦の洞穴

  • 「チラ」

    崖のこと

  • 「ガマ」

    沖縄方言で洞窟やくぼみのこと

沖縄戦の概要

沖縄県公文書館提供

沖縄戦とは太平洋戦争の最終段階、1945年3月下旬から7月までの戦いを言います。
1941年に太平洋戦争が勃発し、太平洋の島々で劣勢となった日本軍は、米軍が沖縄に上陸すると見て、米軍を沖縄にくぎづけにする作戦をとります。
それは、本土決戦の準備をするための時間稼ぎであり捨石作戦でした。このため、沖縄は唯一の地上戦の場となります。
米軍は1945年の4月1日に沖縄本島の中部に上陸し、日本軍の指令部のあった首里に向かいます。米軍の圧倒的な戦力に、首里の陥落が目前にせまったところで日本軍は南部へ撤退します。
米軍の上陸地点から首里城指令部までを中部戦線、首里以南を南部戦線と言います。
南部戦線では十数万人の一般住民が巻き込まれ悲惨な結末を迎えることになります。
6月23日、牛島司令官の自決により日本軍の組織的戦闘は終了しますが、その後も各地で戦闘が続ぎ、米軍が作戦修了を宣言したのは7月2日のことでした。
この90日間にわたる沖縄戦で、日本兵6万6千人、沖縄出身兵2万8千人、米兵1万2干人、一般住民9万4千人が亡くなりました。
当時の沖縄県の人口は約50万人でしたから、沖縄県民の4人に1人が亡くなったことになります。

糸数アブチラガマを中心にした戦闘経過概要はこちら


生存者の証言一覧»


写真で見ようアブチラガマ360度パノラマ


パンフレットダウンロード パンフレットダウンロード

PDF形式の情報を参照するには、アドビシステムズ社のAdobe Reader が必要です。
アドビシステムズ社より無料で配布されておりますので、ダウンロードしてご利用ください。

Adobeアドビシステムズ社ホームページへ

Adobeモバイル版Adobe Reader

糸数アブチラガマ入壕に関する申請書 糸数アブチラガマ入壕に関する申請書

入壕料 入壕料

  大人 小人 減免対象者
個人 250円 100円 50円
団体20人以上 200円 100円

※大人(高校生以上)小人(小学生~中学生)
減免対象者(小人の5割減額)

営業時間 営業時間

午前9時~午後5時
入壕には予約が必要です。お電話ください。
年末年始(12/29~1/3)以外、毎日対応しています。

南部観光総合案内センター
 南部観光総合案内センター