今なお、屍と共に生きる

著者: 日比野 勝廣
出版元: 夢企画 大地
価格: 1500円(税込み)
本書は南城市観光総合案内センター(糸数アブチラガマ案内センター)でのみ購入可能です。
概要:

---------------------------
あの日,あの時, 私と戦いなくなった
敵の兵士も含めた
沖縄の地の底に眠る
すべての人々の御霊に
捧げます
---------------------------
 
今なお,屍と共に生きる
沖縄戦 嘉数高地から糸数アブチラガマへ
 
 
目次
 
一. 糸数アブチラガマで - 屍と共に生きる
二. 沖縄の鍾乳洞で - 屍と共に半年
 「沖縄の鍾乳洞で - 屍と共に半年」に寄せて
  序. 昭和二十一年の故郷
  一. 負傷
  二. 戦場をさまよう
  三. 南風原陸軍病院
  四. 破傷風
  五. 糸数
  六. 死への道
  七. 水
  八. 共同生活
  九. 光の下へ
三. 独立独歩兵第二十三大隊慰霊碑について
 「独立独歩兵第二十三大隊慰霊碑について」に寄せて
  独立独歩兵第二十三大隊慰霊碑について
四. 妻宣子の短歌集より
五. 娘たちの想い
  ・二つの家族 長女 日比野裕子
  ・沖縄と私 次女 清水糸子
  ・「屍」と共に生きている父 三女 中村桂子
  ・ 娘から見た父の戦後 四女 柳川 たづ江
六. 悲惨な戦争を繰り返してはならない(娘たちのおわりの言葉)
おわりに
過ぎし日の道のり(日比野勝廣の略歴)

こちらの書籍は南部観光総合案内センター(糸数アブチラガマ案内センター)で閲覧・ご購入いただくことができます。

購入を希望される方は、お気軽に窓口までお声掛けください。

※ 通信販売は行っておりません。

取扱書籍紹介

沖縄「平和の礎」はいかにして創られたか

高山朝光(著), 比嘉博(著), 石原昌家(著)

観光コースでない沖縄

新崎盛暉(著),諸見里道浩(著),謝花直美(著), 松元剛(著),島袋良太(著),前泊博盛 (著), 亀山統一 (著),仲宗根將二(著),大田静男(著)

沖縄戦「集団自決」 消せない傷痕

写真:山城博明 解説:宮城晴美